Tea Time 不登校から見えること〜ありのままに〜

《Tea Time》は不登校の子どもを持つ親が集まり話すフリースペースです。
川崎市を中心に活動しています。
子どもの不登校から見えてくること、親が気付き変化した視点など
その時その時の気持ちを大切に書いていきます

《Tea Time 》の定例会
日時 : 毎月第4土曜日 14:00〜17:00
場所 : 川崎市男女共同参画センター (すくらむ21)
問い合わせ : 044-813-0808 すくらむ21

Tea Time の紹介 (固定記事)

〈Tea Time〉は、2006年に川崎市で発足した
不登校の子どもを持つ親の集まる場です

来る時間も、帰る時間も、自由です。
お茶を飲みながら、近況や気になっていることをを話したり、
学校や講演会などの情報交換をしたり…

話すこと、聞いてもらうことで、
自分の気持ちをリフレッシュできればいいな

1人じゃないよ。。。
                     
例会開いています

 日 時: 毎月第4土曜日  14:00~17:00 
 場 所 : 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)
https://www.scrum21.or.jp/facility/access/   

 

教育機会確保法 個別学習計画の復活⁉︎

2016年12月に成立したこの法律は、
今年が3年目の見直しになっています。

この法律が成立するまで 不登校関係者の中でも賛否がありました。今も。

今回の見直しでは、
法律案が提出されたときにあり削除された『個別学習計画』が
復活しています。

「個別学習計画」は不登校になった子どもと親を追い詰めます。
不登校の子どもは学校での様々なことで疲弊しています。
親も学校の学習のこと子どもの将来のことで混乱していて
子どもの気持ちを思う余裕すらなく
子どもを追い詰めてしまうことはよくあります。

同調圧力が強いこの社会で
親も子も今までの『常識』を一つづつ自分と照らし合わせたり
気づきを得たりしながら
全体の中の一人ではなく、その人個人に戻るには時間が必要です。

この法律によって学習のほうにのみリードしていこうとしたり
『学習』を強要することは
さらに子どもを追い詰め、自分たちを振り返る時間を奪うことになり
親子関係の悪化につながります。
また、『個別学習計画』によって、
国による管理が徹底されていくことに危惧を覚えます。



法律には「休んでもいい」というような文言が入っていますが
休む権利は子どもの権利条約にすでにあり
法律によって認めてもらうことではありません。
休むということは、誰かから許可を得て休むのではなく
人権として当たり前のことです。
法律では、「大人が決めた休み期間」の後は
学習しようということに繋がっています。

また、法律ができるまでは様々な学び方があったのに
今は学習指導要領に則ったものと規定されています。
法律ができるまでは自由だったのに…

生きるエネルギーを回復しながら
その子のやりたいことをやりたい方法でやっていけばいい。
そんな時にこそ、学ぶことが保障されるといい。



ブラック校則、学校スタンダード、競争、偏差値、スクールカースト、
いじめ、体罰、自死、教師の過重労働・うつ…
学校の置かれているひどい環境がやっと認知されつつあります。
そして、そんな学校なら行かなくてもいいじゃない、
よそで勉強すればいいのよ、という世間の声に押され、
学校が子どもたちにとって豊かな場所になるためにはどうすればいいか
という検証はなされないで行くと、
公教育としての学校はどうなっていくんだろう…
そんな不安があります。

教育格差や貧困の中で、自己責任といわれ、
教育産業による教育の支援を受けられない人たちの教育機会は
どこに行ってしまうのでしょう。
学校はどんな形がいいのでしょうか?
公教育としての責任は、どうなっていくのでしょう?
学校自体の環境をどのようにしていくか?を、優先してほしい。
自死を選ぶ子が一人でも減るように。。。


この法律が成立してからクラスジャパンなど、不登校の子どもを対象にした
教育産業が動き始めました。
不登校のことをよく知らない人は
「学校にいかなくて大丈夫なの?」「将来どうするの?」とそこを心配し、
「不登校でも教育機会が確保されるっていい法律よね」と思うでしょう。
『善意』で法律を作るフリをしてお金儲けが隠れてる。
『善意』の顔をして、でも、当事者の声は反映されていない。
教育は大人が子どもに施すものだからという通念が流れている?
そこには、大人の言うことに従っていればいい。
考えることができない人間を作ろうとしている?



以下のブログもご覧ください。

漂流日誌
https://hyouryu.hatenablog.jp/entry/2019/06/16/233000 

その後の話、この先の話。教育機会確保法とか、わたしたちのこととか。
http://sonohana.blog.jp/

4月定例会ご案内

今年の桜は長く咲いていました
先日歩いていたら、
花びらが一枚私の上着の中にふわっと潜り込んできました 
何だか、嬉しかったです


新しい学年が始まりましたね
子どもたちにとってどんな日々が始まるのかな?
そして、親はどんな気持ちを持っていますか?

自分の気持ちって、
自分でもわかっているようでわかってないし
気づいてないことも多いです

話しているうちに気付くこともあります
すぐに答えなんて出ないけど
ま、そのうちに…

のんびり話してみませんか?

=================
4月27日(土)14:00〜17:00
川崎市男女共同参画センター
  溝の口駅下車徒歩10分
多目的交流室(2F)

フリースペースなので入退室自由です

=================


 
アクセスカウンター
  • 累計: